2019.04.09 Tuesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2019.04.09 Tuesday

    夜回り先生とマザーテレサとWG

    0
      2019年3月20日 仕事の都合上、仙台に私はいました 仕事早めに片付き、いつものように、 ファミリーマートで長年愛煙しているラッキーストライクライト2箱 と、少々値は張るがヘパリーゼ極を買って いろは横町の「どんこ」へ向かいました。 まだ、早い時間でしたが、店主のツバっちゃんは仕込みを終わらせ 私はデルモンテのトマト缶ジュースを飲み、二人でくだらない話をしました。 ツバっちゃんと私は、大変音楽の趣味嗜好が似ているのですが、ツバっちゃんが突然 自分が聴き馴染のない音楽をApple Musicで流し始めました。 AviciiのFor A Better Dayという曲でした。 大変、それは美しいメロディと面白いアレンジ、著名な方である事を後ほど知りましたが、 私は、EDMという音楽ジャンルにそのものに興味を持ちました。 (新しい音楽はとっても大好きなのですが、疎い所がありまして、フジロック当日までSuchmosも黒人のファンクバンドだと勝手に思い込んでいたぐらいでしたから) 3月20日は、春分の日の前日です。 私は、奥のカウンターに座り、ゆっくり、一刻物のハイボール檸檬入りを飲み、出し巻き卵を食べ、普段であれば、のんびり飲んで頭を空っぽにし、普段味わえない幸福を噛みしめている所でした。 しかし、偶然が二つ重なります。 まず1つは、先述した通り、祝日の前日。 当然、どんこは、お客さんが入るは入る 賑やかになります。 (好きな人はいないと思いますが、私も人混みは大の苦手です。) そして、もう1つ、その日出会ったEDMという音楽ジャンルにいつの間にか興味がいっぱいになっていました。 どんこの閉店時間までいるつもりでいましたが、これはEDMを体感するチャンスだと決めました。 お会計を済ませ、スマホで 「仙台」「CLUB」「EDM」で調べたと記憶しております。 場所も近い。Club Is’nt.に行きました。 大きな音 人混み どれも好みではなかったけれど 流れる音楽は、新鮮でSetmonoの楽曲に活かせないとか この曲とこの曲への繋ぎはどうしてこんなに自然なのだろうか   何故口説いた女性を自分の膝の上に乗せて悦に浸っているのだろう (早くラブホにでも行けばいいのにね) とか、人間観察等でも色んな意味で楽しめましたし 私も、「これは素晴らしい曲だ!」と思ったら身体が自然に動いてました。 閉店、四時まで音楽と言う音楽を楽しみカウンターでラッキーストライクライトを吸っていると、横に黒髪ショートヘアーのスタイルのいい女性が後ろ姿で立っていました。 その先には、中学生がワックスをつけ始めた頃の、いや、もう指名が入らなく、苦悩の日々を過ごしているかのようなヒロシみたいなホスト風の男性がおりました。 単純にカップルなのだろうと思っていたのですが、私は様子が可笑しいと思い始めました。 まとめます。 .ップルなら、さっさと自宅にいってイチャイチャすればいいと思うわけです。 △泙此男性が黒髪ショートカットの女性の肩を触る その後、すぐ女性は両手を合わせ、男性に祈るように頭を下げるのです。 もしかしたら、この男性、新手の新興宗教の教祖か何かか? 大阪でいう弁天様のCLUB verなのか? C棒がハイヒール(パンプス?って言うの?)を履いてる女性を長時間立たせるか? ここで、頭の回転が非常に遅い私は、やっと気がつくのであります。 …この。女性困ってるんジャマイカ? 丁度、私が煙草を吸う姿勢を取ると、女性の影で男性から私が隠れます。 その際に、女性の後ろにいる私が小声で 「大丈夫?」と男性に悟られないように尋ねました。 女性は、すぐさま首を横に振りました。 続けて 「この人、知り合い?」と尋ねると 女性は風を切るぐらいの音がする程、首を横にふりました。 ここで、まず今回の1番最初の事件 題して「小松菜奈似ストーカー事件」の始まりです。 先に言っておきますが 私は、とにかく女性というものは宝物だと思っておりますし、私もスケベです。 (特に、素人物と眼鏡は大好物です。) 話がそれました ファーストガンダムで習うべき淑女の口説き方というものは、学ぶべき時に学ばないと女性を傷つける事もあるし、そして双方の時間の無駄 戦争、事業、賭け事でもそうだが、人間引き際が本当肝心。 それがわからない男とは女性は関わらない方がいい。 あ、また話がそれた 話を戻します。 私は、ホストの前に立ち 「この子、俺の連れだから、ちょっかいやめてくれない?」と言い ホストから女性を引き離し、ホストから見えないテーブルに座らせました。 「とりあえず、何か飲みますか?」と尋ねると 麦酒が飲みたいとの事、禁麦酒を続けている私は ウーロン茶を 彼女にはキンキンに冷えている麦酒を御馳走しました。 自分も席に座り、やっと後ろ姿しか見えなかった彼女の顔を拝見する事となります。 …美しい!小松菜奈に似てる!!寧ろ俺が口説きたい!!! という本音を押し殺しながら、彼女の事情を聞きました。 簡単に説明すると ホストは自称医者 ホストは小松菜奈をお持ち帰りしたく口説いていた しかし、幾度も断っていても異常にしつこい そもそも、小松菜奈は友人達とCLUBに来ていて、その友人は体調を崩し、トイレにいるから、一人帰る事はできない という状況 私は、「とりあえず、心配だからお手洗いに行って友達の様子観てきたら?」と言うと 小松菜奈は頷き、女性トイレに向かった 私は、ロッカールームでお気に入りのノースフェイスのジャンバーを着て、帰る準備をしていたのだけれど、小松菜奈とその友人が気になり始めた  女性トイレを少し遠目で見ると、女性トイレの前に、あのホストがいるではありませんか! よく、小学校の頃、友人を女子トイレに突き飛ばすという遊びをしていましたが、当然、状況は異なります。 ホストは女性トイレの曇り硝子を覗き続けていたのです。 明らかにその先には、先程の小松菜奈と思わしき影と友人の影がありました 恐らく、ホストに怯え、外に出られないのでしょう。 ホストよ、それは、もはや「ストーカー」だ 私も、それなりに中学時代、高校時代は、様々な経験をしております。 (※詳細は書けません 今や二児の父ですので) 私は、大きな声でホストに向け放ちます 「おい、てめー(以下略)」 ホスト真っ青な顔になり、すぐにエレベーターに乗り、下に降りたようでした 「もう、大丈夫ですよ〜」と曇り硝子の奥の影に話しかけます。 女性トイレの扉が開くと完全に怯えて半泣きの小松菜奈と友人二人がでてきました 正直、抱きしめたくなりましたが、グッとこらえました。 グッとこらえました。 小松菜奈達は、まだホストが下で待ち伏せしている可能性を懸念しておりました。 私もその可能性は充分にあるだろうと思い 私が駅までお送りする事となりました。 エレベーターで早朝の一番町を美しい女性と歩くのは、大変気持ちいい散歩の時間となるはずでした。 駅までの途中でスッカリ、ホストの事を忘れて能天気になった小松菜奈グループは 「末廣ラーメン食べよう」言いだしました。(さっきまでの緊張感どこいった?) 私は、禁ラーメンを昨年の9月からしているので、参加はできないから、皆さんでどうぞと言い、そこでお別れをする事になりました。(実際には、細かいやり取りがあり、無事届けたのですが、省略致します。) そして、第2の事件 「ソニックユース事件」が起こるのです。 末廣ラーメンを振り返ると、ドンキホーテの前で女性2人が座り込んで、その目の前にソニックユースのTシャツを着た20代前半の男性1名が佇んでおりました。 少し、女性側からすすり泣きが聞こえます 正直、本当に面倒くさいと思いながらも、近寄って 「大丈夫?」と聞くと すすり泣きしていた女性が説明してくれました 「私たち(女性2人)がタクシー代が無く、困っていたら、このソニックユースの男が出してあげるから一緒に乗ろうと言うんです」 そして、間が空いて 「でも、このソニックユースなんか気持悪いから一緒乗りたくないんです!!!」 突っ込みどころ満載 女性達も女性達で明らかにおかしいし、ソニックユースはソニックユースで全体から発するオーラが非常にションベン臭い 童貞臭がきつかったし、やたらソニックユースは私に敵意を剥き出しです。 (ここも、様々な会話がありましたが省略致します) 私は、自分の連絡先を書いた名刺を女性に差し出し、 「必ず返せよ。これはプレゼントじゃない。ちゃんと返せ 俺の娘たちのオムツ代だ」 と言い3千円を渡し、駅のタクシー乗り場まで連れて行き、タクシーを捕まえた所 「おい!てめー!何してんだ!!!!!!うあhごfhぢあhふぉは」 大きな罵声は早朝の駅前に響き渡りました。 説明すると難しいのですが ポイントは以下の通り .疋鵐ホーテから駅のタクシー乗り場まで連れて行く最中、ソニックユースは私達の後をつけていた ⊇性グループには、仲間がいて エクザイル男と大柄の女の2名 C膣崔は、ソニックユースと私を同グループと勘違いしている つまりは、仲間たちは、俺とソニックユースが協力して女性を連れ込もうとしているように見えているらしい 私は、非常に落胆し、状況を説明しようと思ったのですが糖分が足りず とても説明するのも面倒な気持ちになりました そこで、タクシーに乗りかけた女性が大きな声で言います。 「違うの!ソニックユースはただの気持悪い人、この人はマザーテレサ!!!」 私は彼女から観てマザーテレサだったようです。 とりあえず、面倒はこりごりである私は女性達をタクシーに乗せ、「ちゃんと金返せよ」と言いながら見送りました。 しかし、ソニックユース事件はここからです。 振り返ると、ソニックユースとエグザイルが喧嘩をしているではありませんか ソニックユースは明らかに童貞臭のするヒョロイ子供 エグザイルは、それなりに体格のいいマイルドヤンキ― KING CRIMSONのスタンドで時を飛ばす前に結果なんて、わかりきっている所です。 そこで、2人の間に入り、宥めましたが、ソニックユースが異常につっかかります。 私は言います。 「君、絶対勝てないから」 結局、私はソニックユースを担ぐ形でエグザイルから引き離し、喧嘩の仲裁をしました。 ソニックユースも次第に落ち着き始めた所で 私は言うのです 「君もさ、そんないいTシャツ着てるんだから、女性の口説き方やトラブルの避け方とか学んだら?」 ソニックユースは言います 小便臭い20代始めのガキンチョに私は言われます。 「え、お前ソニックユース知ってんの!?すげーじゃん」 ・・・私も大人です。誰が何を知っていようが、それで人の価値は決まりません。知識はただの知識であり、活かした時に初めて価値があるのです。 「ソニックユースかっこいいよね」私は言います。 それに対し、ソニックユースは言います。 「え、じゃあ お前NIRVANAってわかるの?」 ・・・すいません、私は大人ではありませんでした。 ここで、私は小松菜奈の事も、マザーテレサの事も忘れ 私は子供に戻りました。 子供になった私は言います。 「お前さ、ブッチャ―ズわかるか?」 「知らない」 「イースタンユースわかるか?」 「知らねえ」 「ブッチャ―ズもイースタンユースもわからねぇんだな!じゃあ、とりあえず これでも聞いとけ!!!」私は自身のバンドのSetmonoのステッカーを彼に突き出して、何も言わずホテルに戻りました。 さぁ、イライラしながらホテルに着くと朝の5時  早く、夜になって どんこで、ツバっちゃんに話したいと思いながら眠り着こうとした数分後スマホが鳴り始めます。 ツバっちゃんからです。 「今から2次会やらない?」 即答です。着替えて、先程受け取ったフロントの鍵を数分でフロントに戻し (当然フロントの女性は「え?」って顔をしていました) 2次会の会場に行こうとした矢先 第3の事件が始まります。 ホテルの玄関自動ドア内側に ビニール袋を二つ、を持ちながら デブでブスの見た目10代後半の女性が座り込んでいたのです。 …いい加減にしてくれ!!!!! しかし、疲れ果てた私は、もう判断がつかなかったのでしょう 本心でもない、良心でもない言葉が自然と出てくるのでした。 「大丈夫?」 話を聞くと家に入れてもらえない家出少女のようで、一日ここに座り込んでいたようです。 私は早く2次会に行って、みんなに話を聞いてもらいたい一心で 彼女をフロントロビーに連れて行き、事情を説明 “狃は家出少女 ∈からのやりとりをフロントの女性に記録を頼んだ(買春だと思われたくない) 2兇錬影部屋に戻らないから俺の部屋で寝てろ げ兇了篳には一切触れるな ヌ昌匹5千円札を差し出し、必ず返せ(彼女の手持ち金額は確か50円) Σ燭あったら電話をよこせ フロントの女性は、私が常連の客である事を知っているため、信用し、彼女を部屋まで案内してくれた …もう、疲れた。 そんな気持ちと共に、ここ2時間程度で起きた事を早く友人達伝えたく 2次会会場へ向かった。 発泡スチロールの座布団で酒を囲み 私は伊坂幸太郎になりすまして、先程までの話をする。 古びた窓から 夥しい数を潜り抜けた これっぽっちの青空を眺めながら その後は語るは、1つだけ 1つだけの果実 精一杯の現実と妄想 酒と同時に時間は減っていき 一人は眠りにつき 私は二次会を後にした 帰る途中、電話がかかってくる 家出少女への対応の感謝と5千円をお返しするとの事 ホテルのフロントにつき 綺麗に整ったベッドで私は眠りについた その深い眠りを起こしたのは、私のスマホの着信音であった。 それと、同時に第4の事件の始まりだった。 電話に出ると 十数秒の無言電話。 しかし、会社でも使っている携帯電話 万が一があるため、丁寧に応対?する。 電話主から第一声は 「家出少女です。」 「あー、大変だったね。家について良かったね(面倒くせー)」 「あの・・・。」 「はい?(早く話せ)」 「友達になってくれませんか?」 「あのねー。俺はすごい美人の妻がいて、可愛い子供が2人いるの、そういうのはごめん勘弁して(妻とてめーとは天と地、いや天と内部コアも越えてブラジルの空まで差がある)」 「明日11時にスタバで待ってます」 「いや、話し聞いてる?」 「よろしくお願い致します」 「…わかった。けど、俺も仕事がある。場所はエクセシオールの二階の喫煙席に1時だ」 「わかりました」 と電話がきれました。 〜翌日〜 10時デスクワークをしていると着信音 「着きました」 「は?」 「エクセシオールにつきました」 「いや、一時の約束でしょ?」 「じゃあ、待ってます」 と電話がきれました 12時 「まだ、ですか?」 「だから、一時…。あー面倒くさいな! 今行くよ!」(←本当にこう言った) エクセシオールに着くと家出した時と同じ服装とビニール袋二つ持った少女がいた 彼女は言う 「今からウィンドウショッピングしませんか?」 「うぃんどうしょっぴんぐ?」 私は、生まれも育ちも岩手県宮古市  マクドナルドができたのは、自分が大学に入学した頃 東京までの時間距離は本州で一番時間がかかる 俺は本当に知らなかった。ウィンドウショッピングという言葉を 傷だらけのiphoneでウィンドウショッピングを調べた ・・・こいつ、私に金使わせる気じゃねえか!!! 「ウィンドウショッピング興味無いので、行きません」 「何でですか?」 「………。ところで、同じ服装だけど、ちゃんと家に帰れるの?」 「帰れません」 「いや、帰りなよ」 「家に入れてくれないんです」 そういうと彼女は、立ち上がり、エクセシオールを飛び出した。 私は、この時点で、事件性やネグレクト、或いは彼女自身の障害を予想していた 後をつけ 「もう一度、警察に相談してみたら?」 「いえ、いいです。」 「今日はどうするの?」 「野宿です。」 「野宿はまずいよ!君若いんだから(デブでブスだけど)」 そんな話をしながら、追いかけたら 青葉通りの地下通路に辿り着きました。 そこで、彼女は勝ち誇ったような顔でこう放つのです。 「ここが、私の家なの」 怖くなった自分はすかさず、110番に電話をいれます。 偶然にも、この間の家出少女の対応を知ってくれていた人で、すぐ駆けつけてくれました。 警察が2人到着し、別々に事情を説明する事になりました。 「この間の事も警察は感謝しているし、今日の事もお兄さんの良心で話聞いてあげていたんだよね?」 「良心なんですかね?ただ、このままだと彼女自身、変な事に巻き込まれそうだし、まあ、あんなデブでブスの話聞くぐらいですからね 私も買春するつもりもありませんし、私の良心かもしれません」 そこで警察がとんでもない発言 「そうだね、そもそも売春は無理じゃないかなあ?ブスだもん」 もう一人の警察がこっちに来て耳打ちしてきた お兄さんはもう帰っていい。あの娘の家はいろいろ訳ありで(念のため省略)警察も困っていたんだ。彼女は常習犯。 これにて第4の事件は終了 その後、彼女からの電話も無く、安心した 以上、つまらない日記に付き合ってくれてありがとうございます。 最後に一言 「最初の小松菜奈似の女性が家出少女だったら、結果が違ったかもしれない!!!!!!」 ちなみに、良かった事もあったんです。 実は私、初期のwoopie groupieをライブを観に行った時からずっとファンだったのですが (私がライブを観に行くこと自体珍しい プロでもあまり観に行かない) その、2回目に観に言った際、ヴォーカルの伊藤君に声をかけようとしたら 「あー、ちょっと待ってて!」と言われ、伊藤くんに声をかけるのが、ずっとトラウマになってまして、、、。 例の2次会の時、話をしたらやっぱり、いい人で、とても楽しかったです。また一緒に飲みたい。 余談ですが、私が長年愛煙の煙草はラッキーストライク。2010年の結成当初のSetmonoの曲に同名の曲があり、昨年のライブで初お披露目だったのですが、大好きなwoopie groupieと同名にするわけには、いかないと思い。煙草の吸殻という意味と、もう一度火をつけようという意味を込めて「シケモク」と名付けました。 さらに、余談ですが私は、woopie groupieを好きになりandymoriのファンになった人間です。これからもwoopie groupieを応援したいと思います。 写真は、後日ソニックユースから来たツィートへの返信です。 私はマザーテレサじゃねえええええ!!!! タクシー代かえせえええええ!!!!!
      2018.10.30 Tuesday

      20181030

      0

        Setmonoは活動を再開します。

        今後ツイッターアカウント上で情報発信しますのでぜひチェックしてください。

        http://twitter.com/setmono_band

        2014.08.16 Saturday

        20140816

        0
          大変お久しぶりです。伊藤です。

          よくよく考えたらこのブログやホームページではアナウンスをまったくしていなかったので改めてご報告なんですが、Setmonoは前回2月のライブをもって解散しました。Twitterでしか言ってなかったからね、SNS嫌いな人も世の中いることだし、個人的にハンパに放置したままにされたのバンドのホームページを見るとなんかだらしないと思ってしまうところがあるので今更ですけど書いてみました。ごめんなさい。

          解散してからのこと。メンバーだった林君と大久保君にはそれぞれ2回ずつくらい会ってます。先に抜けていた若生とも2回くらい。解散前から想像はできていたことなんですが、バンドをやめてからの彼らは良い飲み友達という感じです。若生と大久保君がテレヴィジョンの来日ツアーを一緒に見に行ってそれが散々な内容だったらしくディスりまくってんのがとても面白かったことを今でも覚えている。林君とは本当にうまい日本酒しこたま飲める場所に行って泥酔の果て財布を失くしてしまった、最悪。木村君だけは最後のライブ以来会えてないので会いに行きたいなあと思ってます。きっとみんな忙しく過ごしていると思います。

          いま、久々にウチにあるお蔵入りになったSetmonoの音源たちを聴いてみてます。解散してからずっと聴いてなかったのです。まず、大久保君の送ってきてくれてた膨大なデモの数に驚く。そして、けっこうな数の曲を作ってきたな…と思った。あれ、これめっちゃ良い曲やん!とも。どんどん演奏が良くなっていくのが分かって良いなあ、とも。どうしても昔の曲を聴くとそのときのことを思い出してしまうのでその時々にSetmonoに関わってくれたたくさんの人たちにまた会いたい!とも(これが一番強いかな)。正直大変なことけっこうあったはずなのに、音楽聴いちゃうと良い思い出ばっかよみがえってくることに驚いています。そんなもんなのかもしれませんね。てか僕はそんなもんです。こんなこと言ったらメンバーに怒られそうだけどね。はははー。

          全部ひっくるめて本当に素敵な時間だったと言いたい。今なら言える。
          バンドって良いぜ、やっぱり。
          いつかまたお会いしたいです。



          Setmono。大久保彰博、木村恭平、伊藤拓郎、ハヤシヒカリ、そして若生貴弘でお送りしました。
          (恭平さん勝手に写真拝借しました!)
          Calendar
          1234567
          891011121314
          15161718192021
          22232425262728
          293031    
          << December 2019 >>
          PR
          Other Setmono Sites

          Setmono - MySpace
          Selected Entries
          Categories
          Archives
          Recent Comment
          Links
          Profile
          Search this site.
          Others
          Mobile
          qrcode
          Powered by
          30days Album
          無料ブログ作成サービス JUGEM